グループホーム

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは?

写真 グループホームとは、介護保険制度の中で、要支援2〜要介護5の認定を受けており、かつ認知症の症状を有した(原因疾患が急性のものを除く)方が5名〜9名で共同生活を送る場で、制度上は在宅サービスに位置付けられているものです。 制度上の基本方針と致しましては、家庭的な環境と地域住民との交流の下で入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話や機能訓練を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにするとなっております。